2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

映画テレビの話し

2015年10月22日 (木)

今度の007はアストンマーチンとジャガーのガチンコ勝負!

愈々公開される最新『007 スペクター』12月4日(金)全国ロードショー 映画も勿論楽しみだが我々車好きにはボンドカーの登場も堪らなく楽しみである。今回はボンドカーには定番のアストンマーチンDB10対決車はジャガーC-X75どちらも最新スペックを持ち英国が誇る二大メーカー怪物マシーンのガチンコ勝負で映画のために作られた特別仕様車、イタリアで撮影され物凄いバトルが繰り広げられ今からワクワクドキドキである。https://www.youtube.com/watch?v=eAQBc3affUU

2ed92542ba1df9e4d2fcc85047c5d9d317a

Bond_bts_video_still_1366x768_tcm11

2015年2月26日 (木)

話題作アメリカン・スナイパー

アメリカン・スナイパー」射殺、元海兵隊員に終身刑。人気映画『アメリカン・スナイパー(American Sniper)』の主人公のモデルとなった米海軍特殊部隊(ネイビーシールズ、Navy SEALs)の隊員を殺害した罪に問われた米テキサス(Texas)州の男に24日、仮釈放なしの終身刑が言い渡された。事件では、テキサス州の射撃場で2013年2月、「米史上最強の狙撃手」と称賛されていたクリス・カイル(Chris Kyle)さんとその友人、チャド・リトルフィールド(Chad Littlefield)さんが殺害された。裁判でエディー・レイ・ルース(Eddie Ray Routh)被告(27)は、事件当時には心神喪失の状態にあったとして、無罪を主張していた。陪審団は3時間近くに及んだ評議の末、被告の主張を退ける判断を下した。 同州ダラス(Dallas)から南西に約160キロ離れたイーラス(Erath)郡で2週間にわたって行われた裁判は、クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)監督がカイルさんのイラクでの経験に基づいて製作した『アメリカン・スナイパー』の公開と時期が重なったこともあり、全米のメディアから大きな注目を集めた。 カイルさんは4回にわたるイラク派遣で160人を殺害したことが戦果として公表されている。映画では米俳優ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)が演じるカイルさんが英雄として描かれ、議論を呼んだ。日本なら精神鑑定で罪の是非が問われ長々と審議されるだろう!Poster2


6973f58c

2015年2月 3日 (火)

心に残るサウンドトラック

いつまでも心に残る映画は映画とサウンドトラックの素晴らしいコンビで生まれる。本当に映画好きな方には理解して頂けるだろう。映画のクライマックスシーンに良く溶け込み効果的に使われている映画はいつまでも心の記憶に残る。私が今までに観た映画の中で曲がより印象にある作品は、道・ひまわり・フェデリコ・フェリーニの81/2・ジャンポールのある晴れた朝突然に・イブシャンピの頭上の脅威・007シリーズ・0011シリーズ・いそしぎ・黒いオルフェ・ニューシネマパラダイス等々たくさんある。特にイタリアの巨匠フェリーニ監督でアンソニークイーン主演の道、ニノ・ロータの哀愁に満ちた美しいメロディーは素晴らしいラストシーンに流れる主題歌『ジェルソミーナ』で内容の全てを物語っている。いそしぎでオレンジ色に輝く太陽が波間を照らし砂浜に遊ぶいそしぎを波間擦れ擦れにパーン撮影するシーンは絵と音楽がお洒落に溶け込み少年の頃からいまだに瞼に焼き付いている。サントラの使い方は色々だが大きく分類すると2種類に分かれる。ショーンコネリー時代の007シリーズのジェームズボンドのテーマやニューシネマパラダイスのようにシーンがかわる事にこれでもかと繰り返されるものと、道のように盛り上がりのここと言うシーンに使われると効果的で内容が引き締まるものと有る。そんな所も気にして鑑賞すると、もっと映画の素晴らしさを再確認しながら楽しむことが出来る。いや~本当に映画って心の肥やしでいいですね!ではサイナラ、サイナラ!O0480036012691872671
Img_2

1516
51iympvjtvl__sy300__2Photo


Aru_220110209_1665154


812dvd800x800Photo_4007youonlylivetwice_3
Photo_6

 

どれもTSUTAYAに御座います!

2014年3月17日 (月)

一生観続けたい映画

皆さん一度はご覧になったと事と思います、1965年20世紀フォックス制作でミュージカル映画の最高峰「サウンドオブミュージック」38回アカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞した作品。私はまだ10代の頃に観て映画の素晴らしさに感動しその後の映画ファンになる記念すべき映画で、映画館で8回ビデオで3回程観続けていますが未だに厭きません。観た人も観て無い人も心を優しくしたいときに是非お勧めしたい映画です!Photo_2

2014年3月 3日 (月)

小さく無かった「ちいさいおうち」

映画「ちいさいおうち」は中島京子による小説で、143回直木三十五賞受賞作品を山田洋次監督が映画化したものだが、今の若者にはあの頃の日本の家庭や時代考証がピンとこないのか感想が賛否両論、我々までが理解ギリギリの世代かな~と思う。今の時代のえげつ無い不倫話とは違い、時代柄でほのぼのとした良い作品でした。Photo 138894197598287624225_chisaiouchi_2

2014年1月 7日 (火)

映画 永遠のゼロ

新年早々この映画を観て初号泣した。以前から読んでいた百田尚樹原作の小説をALWAYS三丁目シリーズのVFX鬼才山崎貴監督が映画化した。あたかも自分が零戦に乗り込んで居るような空中戦や海上戦などハリウッド映画にも負けない迫力有る完璧なまでのVFXで仕上がっていてより映画の内容を濃くしている。叉サザンオールスターズがなんともいえない哀愁のテーマソングで盛り上げている。私は軍国主義や戦争を美的化するつもりはもうとう無いが、日本の歴史の中で現実に有った零戦搭乗員と終戦間近の特攻隊員の苦悩と悲劇や軍の有っては成らない間違いをえぐりだし分かりやすく表現されている。決して兵士が全て天皇陛下万歳!と言って、どこかの将軍様マンセイ!マンセイ!と洗脳されて死んで逝ったわけではなく兵士も愛を重んじたり死は怖いで有ったに違いない。劇中戦争を知らない若者達が特攻隊と中東の自爆テロの違いで論争になるシーンも時代の流れと認識の違いがよく表現されている。確かに特攻ってヒロイズムに語られ過ぎるきらいはあるが、ビルマ戦線や硫黄島やフィリピンで悲惨に死んでいった沢山の日本人将兵の方々の事も忘れてはならない。しかし私はこの映画を通し平和の有り難さや命の尊さに改めて実感させられ涙が止まらなかった。平和ボケの当たり前な日本の国民や、訳の分からない被害者意識で靖国参拝に目くじらを立てている三国人に是非見て欲しい映画だ。改めて戦争の馬鹿らしさ悲惨さ、平和の有り難さ命の尊さをこの映画を通して実感してほしい。138716594752433743225

2013年11月28日 (木)

ジブリ発最新アニメ映画

高畑 勲監督作品『かぐや姫の物語』 誰でも知っている古典竹取物語が原作で、制作費50億円、制作期間8年を費やし、金と時間に射止をつけないで作られたアニメ超大作で、絵の美しさ、内容の面白さは申し分無い。昔から竹取物語は色々な解釈で描かれてきたが、月よりの使者は天国からの天使のお迎えと私なりに理解した。たかがアニメ映画ながら、涙が止まらないのはなぜ…O0640037312756191408_2

2013年11月27日 (水)

100円のユートピア 今度はキングオブスイング BG

先日映画グレンミラー物語を紹介したばかりだが、今回はべニー・グッドマン物語だ。どちらも私は数回観賞していて、1950年代の古い映画だがグレンミラーサウンド、BG/スイングジャズ共に現代音楽に多大なる影響を与え、今でもそのサウンドの輝きは色褪せていない。どちらも実在の人物の伝記映画で良く史実に基いて纏められている。共に音楽のスタートは貧しい生活環境から伸し上った音楽だが、ベニーグッドマンの方は才能と努力の上に素晴らしい人との出逢いと、強運に恵まれシンデレラボーイ的に成功していく。グレンミラーは1944年にイギリスからフランスに慰問に向う途中イギリス海峡で消息を絶ったと言うのが一般的話だが、一説には、フランスに到着後、娼婦と事に及んでる最中に腹上死し、その隠蔽の為に行方不明にしたとの説まである。どちらにしろ悲惨な最後だが、かたやベニーグッドマンは1986年に亡くなるまでに、1958年、1964年、1980年と3回日本来日公演を行っていて、日本でも大ファンが多い。映画ベニーグッドマン物語は1955年のアメリカ映画で、ベニー役のスティーブ・アレンは驚くほどのそっくりさんだ。聴き所は米ジャズ界の本物のジャズスタープレーヤー達、ヴィブラフォンのライオネル・シンプトンやドラムのジーン・クルーパー、ベン・ボラック、サミーデイビス・Jr、ピアノのテディー・ウイルソン、歌手ペギー・リー等が贅沢に登場し、演奏を盛り上げる。最大のフィアンセアリス(アメリカ女性の象徴、メチャ美しい)は身分が違うハイソサエティーの令嬢だがベニーグッドマンの魅力にひかれ愛していく。次々とヒットを飛ばし、本物の音楽家として立つカーネギーホールでは、最高に盛り上がる「Sing Sing Sing」が炸裂此方も身体までリズムを刻んでしまう。最後はフィアンセとの愛のテーマ「メモリーズ・オブ・ユー」で言葉では無く、この曲でプロポーズし、アリスの最後のセリフ「今プロポーズしています」と締めくくる。お洒落で素敵なラストに感動!ジャズファンだけでなく、音楽を愛する全ての方に観て欲しいヘンリー一押しの名映画だ。Bg_2

2013年11月15日 (金)

100円のユートピア 映画の話し。

久々にツタヤ100円レンタルDVDに感動の出逢いがありご紹介!

 1991年米映画 「フォー・ザ・ボーイズ」

第二次世界大戦下のヨーロッパ戦線、朝鮮戦争、ベトナム戦争までの米軍隊慰問ショーのトップスター エディー&デクシーの男女コンビの半世紀に及ぶ波乱万丈の人間ドラマで、ジャニス・ジョップリンをモデルにした映画「ローズ」でその素晴らしい歌唱力を披露したベット・ミドラーとマーク・ライデン監督の名コンビ制作映画。歳を重ねていく彼女の特殊メークは素晴らしく歌も演技も余すところなくB・ミドラーの魅力を引き出している。ベトナム戦線の戦場で、ビートルズの名曲「イン・マイ・ライフ」を熱唱して、それまではしゃぎ回っていた米兵が静かに聴き入るシーンは涙無しには観れない感動シーンで、ビートルズのオリジナルより評価が高く私も大好きだ。反戦と人命の尊さが良く描かれていて、久々に100円ユーロピアにドップリはまってしまった。全体的にはアメリカンのエンターテイメントで小気味良い映画展開だが反戦のメッセージとシリアスな人間ドラマがバランスよく表現されており、私好みの一押し作品で、是非観賞していただきたい素晴らしい作品である。64d29de2 Photo

2013年10月19日 (土)

現代映画考。

私はご存知の通り映画大好き人間である。先日レンタルで久々にグレンミラー物語を観た。スマップオタクのおばちゃんや、AKB、モモクロ好きな若者には何でそんな古臭いものと眉を顰められるが、人間味があり温かい映画に最近飢えている。最近のハリウッド映画のように、スパイ物、ネットハッカー物、テロ物のように時代が反映されCG、SFX、VFXを駆使したドデスカの映画も迫力有って痛快で嫌いでは無いが、それだけで心に残らない。サウンドオブミュージックやウエストサイド物語、ベンハーといったアナログながらスケールが大きくて心に何時までも残る映画は今の時代では作るのが無理なのだろうか?サウンドオブミュージックなどは、子供の頃映画館で8回観、今観ても楽しくワクワクする。死んだ母の遺言は、葬式のBGMにグレンミラーのアメリカンパトロールがリクエストだった。今回観て改めて曲完成の経緯やグレンミラーの生い立ち、妻へレンの国を越えた素晴らしい女性像等を知り、益々グレンミラーサウンドが好きになり、またまた不覚にも映画観ながら涙してしまった。51gnyyujlal__sl500_aa300__2

より以前の記事一覧