2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

仙台の歴史

2016年9月25日 (日)

昭和の風景!

これが現在河原町消防署があり南材小学校向かいにあった仙台青果市場昭和30年代の風景、仙台市民の台所として市民の食生活を支えてきた、奥に見えるのが南材小の講堂だ!

Photo

2016年8月24日 (水)

街頭では

30年代初頭テレビ受像機が産声を上げ、まだ家庭に普及してなかったころ街の電機店の店頭は人だかりでごった返していた!

13_2

2016年7月16日 (土)

昭和ノスタルジー

昭和24年に導入されたトレーラー型仙台市バス、これが子供の頃乗った記憶があるんだな~、やっぱ古い人間なんでございますよ!この頃は車掌つきのボンネットバスが支流で時々クランク駆けして走ってましたね、トレーラーバスは130人乗車出来たらしく、子供ながらにでけ~って思いました!1948年式の日野製

A214092377a7df0b36a14c004966628e

2016年6月17日 (金)

この道と荒城の月

今仙台人には懐かしい丸光デパートのサイレンが日にちと時間限定で再現され懐かしい話題に成っているが、丸光と言えば生粋の仙台人にはもう一つ懐かしいものがある、切れの良い口上と巧みなブレンド七味唐辛子売りのおじさん懐かしく思い浮かぶ!https://www.youtube.com/watch?v=DmvXx4urhs0

https://www.youtube.com/watch?v=8j59-2_OF5w

6c2a9141e52c4605fbd31c519e50203d

B0ac9ef1

2016年3月 8日 (火)

あれから56年!

これは貴重な写真だ、何が貴重かと言うとこのお利口そうな少年の思い出写真だけで無く、仙台っ子は何処か直ぐわかると思うが二番丁の電力ビルで、何と1960年(昭和35年)この電力ビルが完成オープンした年の写真で現在の柱に56年の歴史が伺える!

19602

19601

Dennryoku1

2016年2月11日 (木)

『陸奥国分寺薬師堂火渡り』

今日は恒例陸奥国分寺薬師堂火渡り、無病息災、家内安全を願って熱い火渡り、友人フォトグラファーの誘いで初めていった、勿論御利益あるように願いながらの撮影だ!

_mg_8526

_mg_8660

_mg_8675

_mg_8649_2

_mg_8641_3


2015年11月12日 (木)

仙台っ子には懐かしい市電

仙台っ子には懐かしい昭和51年3月仙台市民の足として活躍してきた市電が惜しまれながら廃止となった時のサヨナラセレモニーの写真だ。沿線沿いでは涙で見送った市民が沢山いた、色あせて場所も良く覚えていないが(今の定禅寺通りと4号線二番町通りの交差点三越前に昔しあった歩道橋)の上からのような気がする。歴史を語る貴重な映像だ!

Img_3308

Img_3306

Img_3307

2015年5月28日 (木)

昭和のアルバム仙台・名取愈々発売!

昭和のアルバム仙台・名取が愈々発売になり店頭に並んだ。1万円もする高価な本だが写真を数枚提供したので本屋に予約今日受け取ることになっていたが、何と朝佐川急便で出版会社から送られてきて、慌てて本屋にキャンセル間に合った、アブね〜!おもむろに拝見すると8枚の写真を掲載して頂いた、と言うと何とも偉そうだが、爺で単に古い写真を持っていたと言うだけのことだ、しかし見応えが有ったのは半ページ使って頂いた山下清の写真だ。本屋でご覧下さいと言いたいところだが高価なので確りラップで封がされているので立ち見は出来ないので是非お買いあげください!

Img_7120b

B

B_2

3_1
同時イベント開催:「『昭和のアルバム 仙台・名取』パネル展」

ジュンク堂書店 仙台TR店
                                                開催日時:2015年05月03日(日)10:00 ~ 2015年05月31日(日)21:00                                           

                                     フェア・イベント一覧                                     開催店舗ページへ                                 

                                                                     

5月下旬発売予定の、電波実験社『昭和のアルバム 仙台・名取』の
カウントダウン&発売記念パネル展を催しております。
むかし懐かしい仙台の写真を多く展示しております。
また、『昭和のアルバム 仙台・名取』のご予約も承っております。
ぜひこの機会に当店にお越しください。

 ※掲載している写真は、現在当店が入居しているTRビルの
  写真(旧十字屋)です。

2015年4月27日 (月)

昭和のアルバム仙台・名取

昭和のアルバム仙台・名取と言う写真集が5月下旬3000部限定で販売される10,000円と高価なので二の足踏んでますが、歴史の証人として折角写真提供させていただき数点掲載して頂いたので、早速予約注文させて頂いた。Img_7120b


Img_7121b


B


001b


B_2

2015年2月 6日 (金)

君恋し

ほぼ同点から寫してる仙台駅前西口の青葉通り界隈の写真、白黒は昭和30年代でこの頃の流行歌フランク永井の君恋しが良く似合う古い仙台っ子には懐かしい風景だと思う。仙台でも藤崎と並ぶ老舗百貨店丸光が右側(現さくら野)右下のコナカの看板辺りの角にマコロンで有名な菓子店丹六が有った、センター奥に藤崎のネオンサインが見えるその間今と違ってビルらしいものが見えない。 

1961年(昭和36年)フランク永井「君恋し」 

 宵闇せまれば 悩みは果てなし...
みだるる心に うつるは誰が影
君恋し 唇あせねど
涙はあふれて 今宵も更け行く


君恋し 唇あせねど
涙はあふれて 今宵も更け行く
今宵も更け行く 今宵も更け行Yakei


Img_4435