2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

路地裏シリーズ

2013年7月11日 (木)

路地裏漫遊記 薩摩シリーズ

1_2

2013年7月 9日 (火)

日本の名路地裏(天文館周辺)

日本の路地裏には独特の雰囲気があり、哀愁と人間臭さに溢れ、ここ天文館周辺も桜島の降灰のお陰と日本初のキリスト教伝来の地らしく、バタ臭い渋さで覆われている。

   撮影データは、マイフォトギャラリーでご覧下さい。Kg

Kg2Img_2520_2

2012年3月30日 (金)

風前の灯火・仙台屋台エレジー

Img_0395_3 仙台の街中から屋台が姿を消し始めてから久しい。かつては軒を連ねて、庶民の憩いの場として親しまれた屋台が、都市整備健全化とやらで、何が健全化なのか分からないまま、灯火が消されようとしている。今では私の知る限り、青葉通り仙台三菱ビル前の大分軒一店のみのように思われる。その残されたユートピアも今の代限りで消え行く運命にある。なんとも哀しい限りだ!かつて子供の頃、大人になったら屋台ののれんを潜り、立派な酒呑み大人に成るのが憧れだった。今回久々にのれんを潜ると、そこには子供の頃の住み家のようなワクワクスペースがあり、人情溢れ心和む。旨いおでんや懐かしい支那そばが酒とともに頂ける。淡路島の玉ねぎ丸ごとおでん、宇和島のジャコ天など大分出身の親爺は、食材を地元から取り寄せ、屋台とは言え、そのグルメ の内容は侮れない。女将さんを、親爺に勿体無い程の美人と褒めると、親爺も負けじと、おい等も若いときは映画俳優と間違えられたもんだと可愛い反撃!女将さんは褒められたのでと、何とトマトをおでんの汁にぶち込み煮込み始めた。頃合いを見て客達に振舞う。これがまたバカ旨!のれんの外はせちがらい世界。こんな人情味溢れるスペースを不健全な行政は消滅させようとしている。それでいいのか…? 恵美子!  Img_0420_2 Img_0400_2 Img_0398Img_0402 Img_0401_2 Img_0407 Img_0418 Img_0416 Img_0411_2 Img_0396

2012年2月27日 (月)

吹雪の北酒場

Dsc02357_2 この呑み屋横丁は、港町ながら酒場は波止場ではなく、函館駅から歩いて約10分程の、駅前繁華街やビジネスホテル街の路地一角にある綺麗な横丁で、観光客は余り訪れず、専ら地元の会社帰りの人や、出張で近くのホテルに滞在するサラリーマンの常連客が多い。

                                                                                                                                        大門横丁                                                                                                                                                                                                                                  函館 食の房あっそ家                                                                                                                                                                                                        北海道函館市松風町7-5   電話0138-27-7700

        営業 17:00~24:00 定休日/日曜日・その月の都合

        http://www.hakodate-tmo.com/yatai/s/assoya.htmlDsc02359

この横丁は、以前仙台三越前にあった「しょんべん横丁」のような、どこと無く懐かしい昭和のレトロな雰囲気と、どの店も北の大地ならではの食材で作る腕自慢家庭料理が旨い。この横丁に足を踏み入れ先ず目に留まったのが、凍り付く窓越しの真っ白い割烹着姿の女将。飲兵衛心を擽られ、即飛び込んだ!人なつっこそうな道産子女将の笑顔にホッとさせられる。店内は9席程の狭いカウンターだけだが、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」や水原弘の「黒いはなびら」などのBGMが流れ、外は激寒の吹雪、こんな演歌のシーンには熱燗が良く似合う!Dsc02367_2 Dsc02372_2 Dsc0236212 Dsc02375 Dsc02374 P1220436 P1220438 P1220439 Dsc02365 Dsc02364 Dsc02370_2

2010年7月 1日 (木)

下町情緒溢れる路地裏の小さなそば屋.。

015       

    せん030_3

 仙台市青葉区一番町4丁目5-11 

   電話022-223-1538

 ここは東北一の繁華街仙台一番町のド真中だが、まだ下町情緒溢れる路地裏に有り、ちょっと見逃しそうな目立たない佇まいで小さな「せん」ののれんが目印である。精しい場所は、三越寄りの一番町四丁目商店街から森徳横丁へ抜ける通りで、仙台人には焼肉バリバリのほぼ向かいで彦一の手前と言ったほうがわかるだろう。確り物の親方と、父譲りで気立てが良く確り店を切り盛りしているイケメン息子の二人で店を営んでいる。昼のランチ時や、仕事帰りの黄昏時になると、このイケメン若大将目当のOLや呑ん平衞女性客で一杯のようだ。 のれんを潜り2階の畳みの部屋にあがると、そこは豚の香取線香とレトロな扇風機が似合いそうな良き昭和のオールウェイズの世界で、長屋の隣りの家に茶ぶたいを囲んで夕飯を頂きに行ったようなホッとした雰囲気がある。蕎麦はお世辞にも本格的とは言えないが、自慢は手作りの男料理と蕎麦に合う旨い酒。都会のオアシスとして、ゆっくり下町情緒が味わえる処である!  025_2

027_2020 028_2 019 017_2

2008年3月26日 (水)

春の巌流島合戦!

春のビルの谷間の光りと影のモノローグ。小痔郎殿、この光りと影を燕返しで交せるか…?
我むさ苦しいは、艪をレンズに持ち替え、太陽を背に小痔郎目掛けて振りかかったのだ。
どうだ、参ったか! データ:キャノン10D タムロンSP90mmマクロF2.8
Nobi_2713Nobi_2708Nobi_2709_2Nobi_2678Nobi_2675_3Nobi_2677Nobi_2712

2008年3月10日 (月)

休日写遊記(長町2番街)

ここもまた、現代から取り残された不思議な空間だった……!Nobi_2736

2008年3月 3日 (月)

休日写遊記(消え行く仙台路地裏風情)

昔の良き風情とハイカラな現代風情が同化している不思議な空間、都市化の波に消え去ろうとしている。この不思議な世界に貴方も足を踏み入れてみては…!                             Photo                                                Photo_2                                            Photo_3   
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                                                  共通データ                   
                                                                   ・カメラキャノンEOS デジタル10D

                                                                   ・レンズ ニコン24-120mm
                                                                        ニコン    85mm  
                                                                        ニコン   105mm
                                                                  タムロン SPマクロ90mm 
 
   http://ponta.at.webry.info/                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

2006年9月18日 (月)

仙台路地裏見聞録 (政岡通り、ジャンジャン横丁、名掛丁センター街)

  今回は仙台の玄関口、仙台駅前西口の裏通りをご案内します。

仙台駅西口の真前にさくら野百貨店があり、その裏通り一角は再開発のあおりを受けて近代的な飲食店が犇いている。仙台人には丸光デパート裏(政岡通り界隈)と言ったほうがピンと来るだろう!政岡通りには、ジャンジャン横丁、名掛丁センター街が臨立し辛うじて昔の名残を感じるが、その頃を偲ぶお店はほんの2~3店である。殆んどが今風に変貌している。足の長い若者がオープンスタンドショットバーのとまりぎに、足をかけ映画のワンシーンのように格好良く飲んでいる店の筋向いに対照的なジャパニーズスタンドカウンター(立ち飲み屋)がある。今回ご紹介する「立ち飲み処 ちだや」である。昔はあちこちに有った、もっきり立ち飲み屋も仙台ではここだけかも知れない。どなたか情報が有ったら教えて欲しい。のれんを潜ると其処にも良き昭和が息づいている。昔大衆的勤労者達が仕事を終え一日の疲れを癒し明日への活力源として大いに盛り上がったのである。今は色々な階層の人達が雰囲気を懐かしむためやってくる。20度、25度の焼酎 梅割りを注文し、つまみは やっことザーサイ、けして高級では無いが其処にはあったかい温もりと楽しいお酒であふれている。おばちゃん いや失礼!昔美人  これも失礼!三人の美人お姉さんが気さくにお酌してくれる。時々この雰囲気を若い人はどう感じるか興味があり連れていくと、皆(酒ってこんなに楽しくて旨いものとは思わなかった)と嬉しそうに微笑む。やはり日本人だな~って心に沁みる。ポケットに1000円有れば私は記憶消失の一歩手前まで行き着く!ここも正しくオールウェイズの世界である。

常連になると会計の時500円毎にスタンプを押して、スタンプ数でサービスが受けられるお得意様カードが貰える。 営業時間 なんと!13時~20時

Tinn_163

Tinn_098 Tinn_101 Tinn_099

Tinn_097Tinn_287_3 

Tinn_285_2Tinn_288_2 Tinn_244_1 Tinn_255_1 Tinn_251_1 Tinn_274_1 Tinn_253_1 Tinn_278_1 Tinn_245_1 Tinn_277 Tinn_276_1 Tinn_249_1 Tinn_180Photo_48

2006年9月13日 (水)

仙台路地裏見聞録 (東一センター、東一市場編)

Fh000015 Tinn_076 Tinn_070 Tinn_060 Tinn_064 Tinn_063 Tinn_054 Tinn_051 Tinn_049 Tinn_055 Tinn_056 Tinn_073 Tinn_053  この横丁も頑固に当時の風情を守り、表の表情とは全く別世界で昭和にタイムスリップします。横丁を出ると仙台のメイン繁華街東一番町で三越デパートの正面入り口、お馴染みのライオン像があります。西には全国的に有名なナイトスポット国分町が控えます。横丁の店は街中らしく古さにマッチした外観と今風のスポットが面白い!

より以前の記事一覧