2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

隠れ家シリーズ

2016年3月10日 (木)

ロワン改名ロマン

松島の絶景が一望できる西行戻の松公園内にあるガラス張りの素敵なカフェ「ロマン」 ここは以前「ロワン」と言われたクラッシックカフェで震災後被害で一度取り壊され再オープンしたお洒落なカフェ、ガラス張りになり松島の絶景景観に磨きがかかり、カフェの周りを取り囲む桜が素晴らしく桜の時季が待ち遠しい!桜の頃取材お届けしますね!

Img_5828

Img_5819_2

Romann1

Img_5806Img_5813

Img_5830

2015年3月26日 (木)

日帰り温泉漫遊記

もう既にご存知の方も多いと思いますが私はさほど遠くない場所にこんな素敵な温泉があったとは夢にも思いませんでした。それは私の先輩からの情報でした。私は先輩からの有り難いお話しには敬意を表し直ぐに実行を心掛けている。と言う事で風呂好きな相方と早速尋ねてみた。素晴らしいの一言!湯質、温度が特に私好み、熱からず、ぬるからず、何時間でもリラックスして入っていられそうな風呂で、余りの素晴らしさに今回昼食を挟んで二度も入った。特筆は露天風呂3段階に分かれていて常に豊富なお湯量が滝のように流れていて一番上が少し熱めの源泉、真ん中が丁度良く、一番下がぬるめ、気分や体調によって選べる。景色も良くこれからの新緑や秋の紅葉、冬の雪見と四季折々楽しめそう、松島地ビールの製造販売もしており、食事メニューもその辺の日帰り風呂の食堂とは違い本格的レストランの味だ。お休み場も十分な広さで清潔、時間が有れば地ビールを頂きながら何回も風呂に入りマッタリと一日過ごしたい温泉である。

       日帰り温泉「夢実の国」

  宮城県黒川郡大郷町東成田新田11-1電話022-359-5555

      営業:平日AM11:00~PM9:00 

    土、日、祝日AM10:00~PM9:00 定休日::毎月第3木曜日

  入浴料金:大人/600円 子供(小学生)/400円 3歳以下無料  Ixq2_qgr3atwq0http://www.tinet-i.ne.jp/yumemi/
Img_5365






Img_5363_2Img_5353
Img_5358
Img_5359
Img_5356
Yume2Yumemi5b_9








Static_2_3








2012年3月15日 (木)

私の大好きな昭和へタイムスリップ

  ダビンチからダッフンだまで、幅広いキャラのヘンリー、このような楽しいスポットは、すかさず反応します。たまりません!

仙台ミルク・ホールImg_0325

仙台市青葉区中央1-8-2 よろず駅前ビル2F

営業 月曜日~木曜日 17:00~1:00 (日曜のみ24:00)

金、土、祝日前日 17:00~5:00

定休日/無休 ℡022-721-5369

http://r.tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4012269/

Img_0326 場所は仙台駅西口、以前紹介した立ち呑み処「ちだや」がある、さくら野百貨店裏の政岡通りにあり、店名に仙台とつき、仙台ケントス同様全国でチェーン展開している。細い階段をのぼると、アプローチには70~90年代のジャパニーズアイドル歌手のブロマイドがビッシリ並び、店内にも懐かしい当時のドーナツ盤のシングルレコードジャケットやブロマイドが所狭しと埋め尽くされていて、山口百恵の横須賀ストーリーや、プレイバックpartⅡ、早見優の夏色のナンシーなどが流れ、極め付けは山本リンダの「ねらいうち」でいっきに盛り上がり店員も踊り出す。当時を知るおじ様おば様達には、とても心地よく、若者にとっても新鮮なリズムで乗り乗りのようだ。散々呑んで食べて愉快になって、一人3000円程と嬉しいお値段!一山幾等のAKBも良いが、やはりあの頃のアイドル歌手の歌声には、情緒やパワーが有り、経済成長期の活気溢れる日本を思い出す。店内のジュークボックスにコインを入れて、エイちゃんの「時間よ止まれ」に針を落とすと、正しく時間が止まり、一挙に昭和の古き良き時代にタイムスリップする! 111_046_2 111_025 111_029 Img_0351 111_008_2 111_004_3  111_009999Img_0338 Img_0335 Img_0339_2 Img_0340 Img_0342 Img_0343 Img_0345_2 Img_0346Img_0333                             Img_0327                                  このたび東京スカイーツリーの完成に伴い旧東京タワーは、仙台に移転される事に成りました。ホラです!私の中学時代の恩師の影響でホラが上手くなりました!                                                                                                                                        

Photo_4

2012年2月 6日 (月)

宮城県美術館ナウ

0912_3 休日散歩で、昨年秋開催されたヘルメール展の後になる、クレーとカンディンスキーの時代展(1月14日~3月4日)を観に行くと決めており、休日を利用して宮城県美術館を訪れた。ヘルメールと比べると時代は新しい近代抽象画だが、ペン一本でよくもま~あのような感情表現が出来るなーと感心、ひょっとしたら、自分にも描けるのではと錯覚し、挑戦してみようか…と言う気になった。もう一つ感じたのは同時展示で、宇都宮美術館所蔵の100年以上も前の電気ポットや椅子・デスクで、近代とは言え100年以上前の物だが、現代でも立派に通用するようなシンプルでお洒落なデザインに時代の凄さを感じた。このクレーとカンディンスキーの時代展も目的の一つだったが、同美術館に昨年10月21日オープンし、公私共に大変お世話に成っている、カフェモーツァルトの仙台市内3店目のフィガロで旨いコーヒーを頂くのも楽しみだった。

   カフェ モーツァルト・フィガロ 111_022

仙台市青葉区川内元支倉34-1 ℡022-265-6353 宮城県美術館1F

営業時間/ 8:30~17:00 定休日/ 月曜(休日の場合は翌日)

美術館1階の正面入り口右側のミュージアムショップの隣りで、以前仙台の某有名ホテルが経営するレストランだったが、ホテルのクローズとともに閉店し、カフェ モーツァルト・フィガロに生まれかわった。国内でも有数なお洒落なカフェ モーツァルトの店とあって、モダンでお洒落な雰囲気は訪れる者を裏切らない。おまけに美術館カフェで客層もインテリジェンスの紳士淑女、まるでフランス辺りの美術館カフェの雰囲気で、外国人の客も自然にコーヒータイムを楽しみ、さながら外国旅行をしているかのようだ。美術館目的だけでなく、この雰囲気を楽しみに来ている常連客も多いらしい。勿論店内の雰囲気や拘りの椅子・テーブルなども素敵だが、イケメン、長身足長、親譲りのずば抜けたセンスで店頭を切り盛りしている、オーナーのご子息も特筆もので、写真も結構上手い。偶の休日ゆったりと芸術に浸り、ここフィガロでマッタリと午後のティータイムを楽しむのもお洒落でステキだ!111_010 111_018_2 111_012_2 111_013 111_006 111_009 111_024_2 111_025 111_005 111_023_2  

2010年5月 6日 (木)

詩季亭 改め ととや

020_3 私の隠れ家として何度か登場している松島一の坊の和風レストラン詩季亭は偶のリフレッシュタイムをのんびり過ごす日帰りコースとして、以前からヘンリー御用達の処となっている。どう言う内部事情かわからないが詩季亭は雰囲気も料理もその後の入浴も全てお気に入りだったが、この度「万窯竃松島ととや」と改名し生まれ変わった。中庭も含め全面改装で以前より高級感があり、スタッフも厨房も気合が入っているようだが、大そうな改名にもかかわらず料理の内容は差ほどかわり映えしない…!余談だが松島に近い七ヶ浜に、やはり私が贔屓にしている料理が旨い民宿「とと屋」があり、その関係を尋ねたら全く関係ないとのこと。何だ、ただのパクリかと思った。予約担当の相方には、ととやだけではどっちかわからん!?はっきりしろい!!とクレームがつきそう!リニューアル記念として、6月一杯温泉入浴無料(通常日帰り入浴1250円)のようで今までの詩季亭のポイントカードがそのまま使える。価格は比較的リーズナブルなので、話の種に一度訪れてみて欲しい。今回訪れたのはゴールデンウイーク真只中で松島に向かう塩竈からの45号線ルート・利府から入るルート共に県外ナンバー車で一杯、五大堂、瑞巌寺、観光船も凄い人で、まだまだ日本三景松島の人気は健在である。序でに松島で一番の桜の名所で観光客に余り知られていないナイススポット、カフェテラス「ロワン」に足を延ばした。桜がロワンを取り囲みテラスに出ると気持ちよい潮風に包まれて、桜と松島が一望でき熱々のカップルで溢れていた。

    http://www.ichinobo.com/matsushima/restaurant/totoya.html

1024 068_7 071_2 Photo_2

2009年12月 7日 (月)

仙台で一番星空に近いPrivate Dining Bur!

T101900w ロマンチックな仙台の夜景を眺めながら魅惑に酔いしれる大人の隠れ家、仙台で一番星空に近いレストランバーと言われているのが今回紹介する Private Dining Bur

        MIWAKU 005_2

 仙台市青葉区中央4-6-1  SS30ビル30F

          ℡022-261-4777 

テラス11:00~15:00  エストダイナー18:00~21:00

 シークレット21:00~25:00 http://www.ss-ermi.com/010_4  

今は仙台も高層ビルラッシュでここSS30もさほど目立たなくなったが、仙台で2番めに古い高層ビルで最上階(30F)の展望台からは遠くに太平洋や仙台市内を一望でき、市内の移り変わりを見続けてきた。デートスポットとして、観光スポットとして昼の眺めも輝く夜空もいまだ色褪せていない!その最上階にステキな夜景を観ながら食事やお酒を楽しむレストランバーがあり、デートやアニバーサリーの場として多くの人に利用されている。満天の煌く星空と眼下にキラめく大仙台の夜景に静かな女性ジャズボーカルのBGMは2人だけのロマンチックで大人のユッタリした空間を演出してくれる。お洒落なヘンリーにはピッタシ過ぎる!料理も一流、世界各国の料理をアレンジした創作料理で味も見た目も素晴らしく、お洒落なカクテルやワインが料理を引き立てる。お値段も大変良心的でアニバーサリーの大切な思い出を経験豊かなスタッフがステキにエスコートしてくれる。

偶に下界を離れ、魅惑的な一時を 一番大切な人と過してみては…Ca250_102013_3 Fh000006_2    

Photo_3   1_2         

Fh000003_2

Fh000004

2009年11月25日 (水)

命の洗濯宿

Dscn0121    峠の湯・追分温泉                          宮城県石巻市北上町女川大峯1                                     ℡0225-67-3209                                                                                                                  山間のランプの宿として開業してから60年、今も昔ながらの湯治場の雰囲気を残す宿で、近年宿泊設備や部屋などは綺麗にリニュ-アルされた。以前から料理が凄いとは噂には聞いていたが、これ程とは思わなかった!温泉の湯温度も心地よく、お風呂でのんびりリラックスしてからの料理は近くの石巻港や女川港直送の新鮮な海鮮食材をふんだんに使い、味も見た目も圧倒される。山に囲まれ周りは全く何も無いが、芯からリラックス出来る湯と旨い料理に旨い酒で全ての浮世を離れ、命の洗濯の場としては最高の宿である。料金は料理の内容と予算に応じて写真のような上から2番目の一泊8700円コースでも内容は充分過ぎ、知人の若者で上級コースに挑戦 敗北し救急車のお世話になった者さえいる。宿のサービス精神には脱帽ものである。仙台からは車で約2時間弱、アクセスは2ルートあり、一つは三陸道桃生津山ICで降り有名なもくもくランドの方から入る旧津山町ルートだが、山道の山越えがちときつい。もう一つは北上川沿いに旧北上町側から入るコースで、比較的山道もなだらかでベターだろう・又近くの北上川河川敷の茅原は撮影スポットとしても有名で、写真家竹内敏信の撮影会も何度か行われている。彼も撮影会で訪れた時はこの宿を利用しており、宿泊記念として館内には彼の撮りおろしの写真が数点展示されている。海に近いせいか冬の積雪も少なく、近くの十三浜も含め四季を通じて風光明媚な観光スポットとして楽しめる。Dscn0194_2  Dscn0195 Dscn0181 Dscn0174_2 Dscn0178 Dscn0119 Dscn0188 1_2 Dscn0086 Dscn0171_2

Photo_2

2009年6月18日 (木)

究極のリラックスタイム。

今年の大型連休は高速道路の料金引き下げと言う事もあり、国民の大移動は例年に増して凄かった。どこもここも大混雑のゴールデンウイークや初夏を告げる江戸・三社祭りも終わったこの時季心に沁みる緑に囲まれ、マッタリした時間を過すには最適だ。ここ仙台の奥座敷 作並温泉は、仙台からさほど遠くなく日帰りのリラックスタイムを過すには持って来いで、ヘンリー御用達の「一の坊」の露天風呂は大変お気に入りのスポットである。四季を通じて素晴らしい自然を堪能出来るが、特筆は秋の紅葉とこの時季輝く緑に囲まれた入浴で心からリラックスできる。立ち湯に胸まで浸かり、ふと下を流れる広瀬川の源流に目をやると、虹鱒の親子がゆったりと泳いでいたり、肌に心地よい清風と微かな虫の声しか聞えないこんな贅沢な時間をゆっくり過していると、日本に生まれて本当に良かったと実感する。 

 この記事は5月半ば初代パソコンが故障する前に作成し少し時間的に遅くなりましたが、没にするのは偲び難いのでアップします。073_2 Higaeri0904spring01  001 Photo_2  006 067_2 042 070 056 068         

041_3005036037002052051053038

2007年9月 6日 (木)

ホテル一の坊 (詩季亭)

Nobi_162_2ここは、ポピュラー過ぎて、隠れ家とは言えないだろうが、偶に疲れが溜まると、旨いものを食べ、ゆったり温泉に浸かる。もう十年近くも前から、チョイのまの癒しの場として、日帰りで利用している。勿論会員登録もしている。一の坊は仙台の奥座敷作並と、日本三景の松島に有り、風呂優先の時は、作並一の坊を利用し、季節の料理優先の時は、松島一の坊と使い分けている。作並は天然温泉で、風呂の種類も多く、料理は今一だが紅葉を観ながらの露天風呂は素晴らしい!松島は屋上にパノラマ露天風呂が有り、松島の絶景が一望出来るが、沸かし湯である。しかし四季折々の浜ならではの美味しい料理が楽しめる。たまの休みに足の向くまま、気の向くままフラット出掛ける。松島は風呂の掃除日が有り、折角行っても入れない時も有るので、事前に予約を兼ねて確認するのがベストだろう!作並は時間により、男湯と、女湯が入れ替わる。今回は秋空の似合う、松島一の坊の紹介である。料理よし、風呂と眺めよし、おまけに庭園の四季折々の草花や風景も楽しめる。今は青空に映える秋の訪れを告げる花たちが歓迎してくれる。どちらも仙台の中心部からさほど遠くなく、価格もリーズナブルなので、外国のお客様や、ステキなパートナーとNobi_138のデNobi_136_2Nobi_132_3に、たまにリラックスタNobi_141_2Ttr543ゆったNobi_133過ごして欲しいベストTinn_066スポットである!123sderTinn_061_2Nobi_153_2Tinn_065Nobi_147_2Nobi_149Nobi_151

2007年7月26日 (木)

隠れ家と言うには、余りにも有名なCAFE

Aa33456_2このカフェは仙台でも老舗として昔から知られている一番町フォーラス近くの、カフェ・モーツァルトの2号店として2年前の8月にオープンした。場所は、たんせいな片平の東北大学キャンパスの西向かいで、ヘンリーの仙台で最も住んでみたい所米ヶ袋にある。Fh000002_1
オーナーは、写真家らしく、光と自然を上手く鎔け合わせ、タンノイスピーカー(アーデン)から流れる、モーツァルトの優雅な調べと、店名のようにアトリエらしいゆったりした上等で上品な時間と、空間を作り出している。オーナーとは、数十年前に写真が切っ掛けで知り合い、写真の師として公私共にお付き合いいただいている。彼の、写真的、音的、お店のセンス的にも趣味の良さには、常に尊敬している。また彼は、ほぼ毎年数日間、インド方面に単身で撮影に行っており、これまでに撮り溜めした作品は数知れない!特に自家プリントのモノクロームによるインドの庶民の表情や眼差しをリアルに捉えた作品は観るものに感動を与える。作品はモーツァルト両店にファイル展示されていて、観覧は自由にできる。大学の写真クラブの連中もオーナーに写真の手解きを受けにやってくる。お店では時々お洒落なジャズや有名な女性ボーカルのイブニングコンサートもある。                          カフェ・モーツァルト・アトリエ
仙台市青葉区米ヶ袋1-1-13 ℡022-266-5333            ・車では、若干台数駐車スペース有り。
 ・バスは駅西口バスプール11番から八木山、緑ヶ丘方面行きで片平小学校前で下車。

 ・徒歩は、一番町側東北大学正門から、学生のふりをして、ペロンコで入りキャンパス西門から出てすぐ。さほど遠くない。
 ・タクシーでは
Fh000004_1、片平の魯迅下宿跡の隣と告げる。
Fh000005Fh000007






取材の時にケーキを撮りたいとガーデンに持ち出すと、庭に咲いているミントの葉を摘んで、そっとケーキに添えてくれた。そんな繊細でセンスの良さ抜群のオーナーである。私がこの店について、クドクドと語るよりも写真を観ていただければ、この店の良さが伝わNobi_134Nobi_455Fft567Fh000011ると思Nobi_132う。



1222s




            贅沢で上品な時間を一人でリラックスタイムに、又はステキなパートナーとのお洒落なデートタイムに是非訪れて欲しいナイススポットである。四季折々に素晴らしい景観を楽しませてくれる。Fh000024_1Fh000021_2Fh000023_1_1Nobi_085_1                                  

Fh000014_1





Ff546



Nobi_124Nobi_130Fh000015_1Cct56_1Fh000018_1
Mmnju7888honnbann

 Sin_420_1    










       










     

Nobi_086_1Nobi_101_1Nobi_102_1Nobi_110_1Nobi_085_2Nobi_121_1Sin_398_1Sin_400_1

Nobi_109_2

 

 

 

Nobi_114_1 Nobi_117_1