2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

平成23年東北地方太平洋沖地震

2015年3月 6日 (金)

4年前の震災アーカイブ

4年目の3月11日が間もなく遣って来ます。Fh000032
Fh000035


Fh000010

2013年4月15日 (月)

有り難う、ご苦労様でした、そしてさようなら!

早いもので、あの悪夢から2年が経った!3.11東北地方太平洋沖地震の津波で3階まで波が押寄せたが、屋上で子供達の命を護った、仙台市若林区深沼の荒浜小学校が、ちまたの希望と慶びに溢れる春の入学シーズンに長い役目を終わり廃校をむかえる。本当に有り難う、またご苦労様でした。ゆっくりお休み下さい!Photo

2012年9月 6日 (木)

今更ながら震災を想う。

多分昨年のジャズフェス前だから、震災後4~5ヶ月後に撮影されたと思われるフイルムがカメラにセットされたままだったので現像してみた。そこには仙台新港付近で取材した、生々しい津波の傷跡が記録されていた。あの震災から早2年目をむかえ、かなりのスピードで復興も進み、記憶が薄れつつあった先日、被災者として余りもう震災関連には触れたく無いものの、私用で港を走る機会があった。以前はあの1年前のフイルムの記憶のように、彼方此方に津波の痛々しい傷跡が残っていたが、今では殆どその痕跡も、港中たち込めていた異臭も無く以前の港の活気が戻り、あんな大惨事が有ったんだっけ…?と 疑うほどだ!その日の夕方は友人宅で晩酌を頂いた。と何やら見掛けない焼酎「希望の夜明け」。少し前の話題に成るが、震災の被害に遭った塩竈の浦霞のもので、震災の副産物として誕生した、いわく因縁つきの焼酎らしい。限定品で少なく滅多に呑めない代物のようで、誕生秘話は写真をご覧頂きたいが、味はロックで呑むとフルーティーで爽やか、天童の某酒蔵の自慢酒のような感じで正しく怪我の功名と言える。残念ながらソルドアウト状態で口にするのが大変難しいが、3.11の不変の記憶として定番酒として販売しても良いのでは、なんて勝手な呑ん兵衛親爺の呟きでした。Fh000001_2 Fh000004  Fh000007D82be050c3c81d8a427a7c24476e57a6_2 2 Syochu0123454 Photo