2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

経済・政治・国際

2015年6月15日 (月)

何かきな臭い!

今日は待ちに待った我ら老人の命の綱年金支給日である、ちまたでは年金情報流失とかで大騒ぎしているが、このハッカーは一般人では無くマイナンバー制や安倍降しを企む野党のどこかの政党の国家的陰謀とは考えられないだろうか!

Nenkin_techo

続きを読む "何かきな臭い!" »

2014年12月15日 (月)

税金無駄使い選挙が終了!

650億円の巨額な血税を選挙費に費やした意味の分からない総選挙が、安倍ノミクスを国民が認めた形で終了した。その代償にクズ政党が完全に敗北した事は喜ばしい限りだが、安倍さんの勝ち誇った笑顔がこれからの日本を暗示しているようで不気味だ!Img_2913

2014年2月 9日 (日)

今話題の暴露本「原発ホワイトアウト」について

O0480064312805854066_3  私のブログの支援先輩に、面白い本が有るので読んで見るよう手渡された「原発ホワイトアウト」昨年2013年9月に講談社から出版されて、今までに10万部突破のベストセラー本だ。私も人並みにこの話題の本には興味が有ったところで、この大雪の冬眠中にやっと読み終えた。ええぇ~と言う驚きよりもやっぱりと言う感想だった。原発再稼動にひた走る経済産業省と電力業界、政治家を結ぶ闇のトライアングルの舞台裏を描き、霞ヶ関の現役キャリア官僚による暴露告発として波紋を広げている。電力業界の政治献金で飼い慣らされた与党政治家と業界幹部両者と軌を一にする経済官僚が原発再稼動に向けて暗躍する姿がリアルに描かれ登場団体、人物は民主党が民自党、山本太郎が山下次郎と言う様に仮名ながら原発利権について赤裸々に書かれていて一目瞭然に誰のことか良くわかる。電気料金に隠された無駄などが手に取るように分かる。叉奇しくも秘密保護法の可決前の暴露でこの法案の可決に大きく係わっているように思う。今この国での政治不信、原発に纏わる最悪のシナリオが進行している事実や、原発ゼロが騒がれている本当の真事に興味のある方は是非目を通してみて欲しい!2a4b76_2  10_24d15a

2012年9月 7日 (金)

この御仁昔日本の代表!?

え~誰がバカですって20120411005151_2

2012年7月 2日 (月)

お前ら失格!

世直しの為荒海に船出したはずの先生方、羅針盤も舵も無い沈没確実の泥船で。そもそもこの低脳バカ面の面々に期待した国民にも責任がある!今更この場に及んでも、小沢のバカ面がテレビにクローズアップ!増税反対だの、原発だのと如何にも我々国民寄りの言い方だが、もう騙されてはいけない!政治家はやってなんぼだ!離党でも何でも構わないが、嘘やごまかしで又国民に期待持させて騙したりせず、男らしく腹でも切ったら!民主党なんて言う海賊船が沈むなり、分裂するなど、どうでもいいが、こんなことでは日本そのものが沈んじゃう!日本総国民がまだ震災の影響から立ち直っていない現実のなか、そんな事遣ってる場合か!?隣国の国民なら、国を変える位のパワーで暴れちゃうよ!本当に日本人は大らかでオメデタイから、このアホどもがのさばるのだ… 20110606192701b3e_2 D_ishin_3

2011年8月29日 (月)

やっと動き出した国政

          祝・野田新代表

国民無視のとりあえずなんちゃって新内閣のスタートだ。

せめて小沢なんかの支援など期待せず、強硬派路線で行こう066ぜ!

2009年2月15日 (日)

日本の物作り(日産GT-R SpecVから じゃがポックル)まで。

今、全てにおいてポシャているように見える日本だが、まだまだ捨てたものではない!日本が世界に誇れる物は沢山有り、先日も新型新幹線の紹介をしたが、今度は今年2月に予約開始し、スカイラインGT-R改 GT-Rの最高峰 日産GT-R SpecV を発表した。Gtrvjpg    知り合いが軽自動車で日産のショールームにカタログを貰いに行ったら、断わられ、がっかりして帰ってきた。ヘンリーは余り車マニアでは無いが、その凄まじい内容にぶっ飛んだ!何と価格はレクサスの最高車を抑え日本一で1575万円 これだけでも驚きだが、メンテ費も凄い!タイヤ(日産とブリジストンがこの車の為に共同開発したランフラットタイヤ)がセットで交換すると、一台分で70万円、ブレーキシステムは、あのポルシェ、フェラーリでカーボンセラミックをオプションで装着する時の価格の約3倍で500万円、高級車一台分で、世界の強豪BM、ベンツ、ポルシェの対向車を抑え世界で最高の性能に仕上がったスーパーカーである。Photo かたや今話題のじゃがポックル昔し北海道のおみやげと言うと、白い恋人が支流だったが、今はカルビーの千歳工場でのみ北海道限定販売用として生産されていて爆発的人気で常に品薄、手に入れるには北海道に赴くしかない。友人がやっとの思いで求めて来た物を頂いたが、味の拘りは半端でなく、感動ものだった。それもこれも日本が世界に誇る「匠の技」が随所にいかされており、勤勉で真面目に物作りに取り込む日本人の素晴らしさが表れている。偽食品や、食品偽装、事故が想定されるいい加減な車作りなどを、自分達の私欲だけの為に追求する恥さらしが横行してるなか、質への拘りを大事に物を作っている企業も健在なことを再認識し、もっと世界に胸を張る必要が有ると思う!