2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

心と体

2016年1月 7日 (木)

春の七草

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ これぞ七草ってね、人日の節句の今朝一年の無病息災を祈り風習に従った!

Img_4651

Img_4656

Img_4662

Img_4666

2015年5月 9日 (土)

火の温もりに抱かれて!

満天の星空の下のキャンプで焚き木を集め火を灯し何とも言えない温もりに抱かれてマッタリとウヰスキーを口にするとき、素敵な幸せ感で満たされる!Img_0247

2015年2月13日 (金)

これは確かに効く~!

ず~と引きずっている腰痛にたまりかねて先輩から聞いていた大崎市三本木町の4号線を挟んでひまわり畑のほぼ向かいにある源泉かけ流しひまわり温泉・花おりの湯に行ってみた、地元の客の多い古い温泉だが湯は良い、内風呂はめっちゃぬるくいつまでもマッタリはいれる温湯と普通温度(少しぬるめ)と露天風呂は少し熱めだが腰に効く〜!!Onsenbana


Img_4577


Im12450


Img_4578

捨てる草もあれば、拾う草もある!

昨年庭の雑草除去の時に紛れていた小さな苗の拾い上げたベコニアがすくすく成長している!Photo

2012年11月28日 (水)

定点の空の下。

日本は四季がはっきりしているから好きだ。この前まで軽快に半袖で過ごしていたが、秋も終わり寒い冬にまっしぐら。本当に一年の時の流れは早くアッと言う間だ。皆さんは四季の移り変わりをどのようにして感じていますか…?私は決まって月2~3回街の天然温泉に行くのが恒例で、浮世を流し、明日への活力作りに欠かせない!ゆったりと温い壺湯に浸かり、しみじみと空を眺めると、希望に満ちた春の麗らかな空、勇気が湧いてくる力強い夏の入道雲の空、秋晴れでトンボが飛び交う天高き空、物悲しく、身が引き締る冷たい雪や星が舞う冬の空、又ラベンダーやチンチョウゲ、蝉の声や赤とんぼ達四季折々の季節の香りが、一層季節感をかもし出し、はっきり肌で感じる。私の四季の観測所は定点の壺湯の中!0000092980_4 Photo

2012年9月 8日 (土)

ストレスは万病の元!

1_2 人は芸術にしろ音楽にしろ、精神的に不安定だと、それにスンナリと入り込めない。映画鑑賞や写真撮影も然りで、震災後2年目に入ろうと言うのに、まだストレスの重圧で思ったような写真が撮れない…とか、映画を観ても内容に溶け込めない…!と訴える友人が後を絶たない。人間には過重なストレスをモロに受け止め、膨らませ時間を掛けてじっくり分析し、中途半端に自分に無難なように排除・解決しようとする真面目タイプと、ストレスの重圧が女王さまのドMタイプと、ヘンリーのように考えパッパラパー世の中成る様にしかならなず後はケセラセラのダッフンだ~タイプに分けられるようだ。それは人それぞれだが、ストレスは万病の元に間違い無い!しかしそれはその人の宿命で、一生抱えて生きなければ成らないと言う性格のものでは無い。かつて私も現役時代 コントロールが下手くそで、妄重なストレスに押し潰され胃を失くした経験があるが、そんなものは前向きな気持ちと、少しばかりの努力(溜めない、逃げない、怯まない、膨らませない、ダラダラ引き摺らない)の原則を実践する事で、簡単に克服できる。あとは「男は黙ってサッポロビール」を決め込めばいい!とは言え何時も相方に叱られるように、いい歳して喧嘩早さと、わけの判らない若者に所構わず雷を落とす糞爺ぶりは、少し反省の必要有りと感じる今日この頃である。Img_1512435_61974412_0

2010年4月 1日 (木)

おー脳~の神秘 (ヘンリーの場合)

皆さん街を歩いて居る時や、休日家でマッタリと過ごして居る時、昔の古い歌をふと口ずさんで居るって言う事無い…?若い人には余り関係ない話だけど、又最近の紅白歌合戦のメジャーな曲では無く、子供の頃に聴いた流行歌が自然に歌えてしまう。口の悪い相方は、単に古臭い人間で爺になった証拠とバサッと切り捨てる!しかしそれだけでかたずけてしまっては身も蓋も無い!

例えば 守屋浩の「僕は泣いちっち」1959年1

 僕の恋人東京に行っちっち

 僕の気持ちを知りながら

 なんでなんでなんで

 どうしてどうしてど~うして

 東京がそんなにいいんだろ

 僕は泣いちっち 横向いて泣いちっち

 淋しい夜は いや~だよ

 僕も行こう あの娘の住んでる 東京へ…。

行っちっちに泣いちっちだぜ~ 50年前に それも横向いて…! 

とか…曾根史郎の「若いお巡りさん」1965年

 もーしもーしベンチでささやくお二人さん…。1_2

とか…若原一郎の「おーい中村君」1958年

とか…デックミネと星玲子のデュエット「二人は若い」1935年

 あなたーと呼べば あなたーと答える

 山のこだま~の嬉しさよ

 あな~た なーんだい 空は青空 二人は若い…。

等々 これらの曲が世に出た時代はまだ、もの心の芽生える前で、歌詞の内容など到底理解出来る歳では無く、記憶を辿ってみても微かに黄色い声を張り上げ歌っている幼く可愛らしい自分の姿しか思い浮かばない。確かに音楽好きで何時も音が家庭内に充満していた環境ではあったが、50年以上も前の曲が何の抵抗も無く歌詞や節回し、歌手の表情までも脳に刻まれている。最近はむしろ昨日今日の大事な事を忘れる事が私にとっては当たり前なのに… 教訓…ヘンリーは何を言いたいかと言うと、幼少の頃の脳は汚染されてなく、真っさらで新鮮 別腹ではなく別脳の新しい引き出しが沢山有る。若い頃に如何に有効に脳を使うかでその人の将来の蓄積が違ってくる。それは学問でも人生経験でも。あんまり勉強などで脳を使わなかったヘンリーでさえ、何十年も前の流行歌をスラスラと口ずさめるのだから!!自分に似てもう既に手遅れのバカ息子やアホ娘はさて置き、可愛い孫の柔軟で希望に満ちた新鮮な脳に期待して大いに使わせるよう留意していただきたい!おー脳にクオリアの光を……!

2010年2月 8日 (月)

青春元年。

Img_8905_4                                                                                                    和漢朗詠集の中に人生の無常で生命のはかなさを歌った「朝に紅顔ありて、夕べには白骨となれる身なり」と言うのがある。希望に満ちた若者には余りピンと来ないだろうが、平均余命とにらめっこの私の年代になると人生の無常(無情)や生命のはかなさを切実と感じる。でも人間輝かしい未来への夢や希望は誰にでもある。それがほんのささやかな事でも、実現不可能なような巨大なものでも。遊びだけの事には限らないが、例えば趣味が多彩だったり、好奇心の強い人は自分の定年後は朝から晩まで趣味に明け暮れ彼方此方飛び回ったり、親の迷惑も考えずに孫を引っ張りまわしたり、旅行好きな人はエーゲ海の青い海に白い石畳で、ジュデーオングの歌のように舞い踊る夢を自分にオーバーラップさせながら世界地図に想いを馳せる。でもね、へんりーは最近歳と共にこんな事も考える。未来への夢や希望はその時の自分の気力・体力が考えるベースで、はたしてそれを実現する時が来たら100%理想通り実行出来るだろうか…?と。精神力と言うだろうが、そんなに甘いものじゃない!何とも弱気だが、やはり歳には勝てない自分に気付く。先日年代的にもう少し上を行っている先輩が、若い頃の夢をやっと適えられる歳になり海外旅行のお土産をご夫婦で届けてくれた。お二人で若い頃から夢見ていたヨーロッパの古城巡りがやっと実現でき、思い浮べていた夢のような世界のはずだったが現実はきつい石畳を時間刻みで延々と歩かされ、天候や時差の変化に体が悲鳴をあげ、二人でホテルに戻ると毎晩喧嘩が絶えなかったと言う。無理してももっと若い時に行っておけば良かったとため息をついた。確かに夢と現実のギャップには勝てなかったようだ…。でもそのギャップは誰にでも公平に遣って来る。その時点で新たな喜びや、その歳でやっと理解出来る事もあるはず!しかし思い描いた夢や理想を100%適えようとするなら、世の無常とか生命のはかなさを嘆きたそがれて夢が半減する前に多少無理があってもそのときに実行すべきである。私は残された人生を燃焼する為には余りボサボサしていられない。人生の折り返しはとっくに過ぎたが、今を青春元年と定め、気力体力の衰えは大人の知恵でカバーして、大いに夢や理想を実現して行こうと目論んでいる。 006_3