2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

祭り

2011年1月26日 (水)

ソイヤ!ソイヤ!の掛け声とともに早40年

今年新会長が6代目を就任、歴史と伝統がみゃくみゃくと引き継がれている江戸神輿の会

        仙臺粋狂會1_3

70年初頭街にはヒッピーが溢れ、映画館では仁義なき戦いの曲が流れていた頃、我々血気盛んな学生の天地は浅草で、特に三社祭りでは寝ずに呑み明かし早朝の宮だしを担いだ。そのヤンチャ仲間の数人は三社祭りの洗礼を受け、宮神輿のぶっとい担ぎ棒の肩に食い込む充実感が忘れられず卒業後帰郷間も無く会を立ち上げた。下町情緒溢れ、祭り野郎の聖地浅草言問通りにある足袋のめうがや(みょうがや)や、ひさご通りにある(祭り用品の総合専門店あだちやの先代には、半纏のデザイン、仕立てや祭り用品の全てをお世話していただき、仙台の祭りには仙台まで遊びに来て頂くほど昵懇にしていただいた。その頃活動の場は、主に浅草三社祭りや神田明神だった。当時仙台商工会議所の青年部も街の盛り上げを模索中で、神輿渡御で利害が合致し一番町や大町、宮町などの神社神輿渡御や進行のお世話役として粋狂会が活躍するようになり、それまで余り馴染みの無かった江戸神輿風の担ぎ方を普及させ、街中にソイヤ!ソイヤ!の掛け声を響かせた。当時の朝番ズームイン朝や、TBCテレビや地元新聞にも度々登場した。その後仙台周辺の船岡や塩竈、山形寒河江、盛岡などの睦会とも親交を結び、祭りのお手伝いに遠征するようになった。途中メンバーの一部が枝分かれし仙台神興会を作り今では立派な団体として成長した。私のブログでも浅草や仙台の三社祭りを取り上げたが、背中に粋の字を背負いひときは存在感が有り、粋で格好が良いのが仙臺粋狂會である。今後の活動については、このたび新会長就任に伴い仙臺粋狂會オフィシャルHPhttp://suikyoukai.web.fc2.com/を立ち上げ会の紹介や活動、会員募集や他団体とのリンクなどご覧頂けますから、是非ご訪問いただきたい。我々御老公達は気持ちは何時までも粋を背負っているが、身体がついていけず、担ぎ棒に縋ると腰がきれず、息があがり状態だが、新会長を中心に今後益々栄え、粋に狂って欲しいと願っている。Img_0307_3  Nobi_013_3 Nobi_057_2 Nobi_043_2 Photo Fh020016_2 Fh020030_2 Fh020021_2 Fh030008_1_2