2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ヘンリーの楽しい仲間たち

携帯電話カメラによる写真の世界

  • Img_6722
    最近親しい写真愛好家からの話で、どこどこのメーカーの高級一眼レフで撮らなければ良い写真は撮れないとか、やれ手ブレ補正だの、フルサイズだの、明るいレンズだのとメーカーの口車に乗せられ、高額で高級なカメラを手にすれば良い写真を撮れると信じている人が実に多い。確かに4×5や2Bで撮った写真と、携帯電話カメラで撮った写真ではクオリティー的には話しに成らない程の差が有るだろう…しかしそのクオリティーだけで写真の良し悪しを語れるだろうか?高級一眼レフで撮影のピント露出がピッタリの優等生写真だけが良い写真なのだろうか…?最近の携帯カメラはなかなかの優れもので、いつ何処でも手軽に写心出来る機動性とフットワークの良さを持ち合わせている。偶には重装備のオートマチィックから開放されて、ピントや露出に気を遣わず、携帯カメラの米粒程のレンズに身を委ねもっと気楽にもっと楽しく写心してみてはいかがだろうか!マイフォトギャラリーと重複するものも有るが、少しでも写真の楽しみ方の参考として観て頂ければ幸いです。

Bicicletta

  • Img_5950
    自転車のある風景画好きだ。

物まね四天王

  • 0022
    10月13日仙北大和町まほろばホールで行われた本物より本物らしい物まね四天王による歌謡ショーの記録です、ブログ本文とあわせてお楽しみ下さい。

ヘンリーのMy Photo ギャラリー

  • 雨上がり
    今までの人生で何度素晴らしい感動のシーンと出逢ったか、感動のシーンに出逢うたび、感動を与えてくれた被写体に感謝しシャッターをきりました。これからも感動のシーンとの出逢いを心の表現(写心)で素直に写し続けます!  月1~2作品は必ずアップしてますから、時々御観覧下さい。

楽しい写真仲間の楽しい写真展2009年テーマ「光」

  • 小池重治
    The pleasant photograph exhibition .2009 title "light" of a happy photograph friend 参加メンバーは写真を仕事にしている人や、心豊かな人生を写真を通して楽しんでいる写真家達の集団で、仕事としての写真や形にはめられた構図がどうの、写真のクオリティーがどうのなどと言う形式的な町の写真コンテストの次元と違い、日頃被写体から受けた素晴らしい感動を、あくまでもプライベートな視点で自由に楽しく表現し、今回は「光」と言う共通テーマを各自自由な発想で遊んでみました。最後までゆっくりと御観覧お楽しみ下さい。

第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展 テーマ「輝き」

  • 015001
    大変お待たせ致しました。さあ 第3回楽しい写真仲間の楽しい写心展の開幕です。我々の写真展にはグランプリも、金賞も、副賞のフイルム一年分の賞品も有りません。それは良い写真とは高額なカメラでの撮影や、偉い写真家先生が個人的な見解で審査するものだけが良い写真では無いと思っているからです。何気ない生活の中で素晴らしい被写体と出逢い、全身で感じた感動を観る人と楽しく共有出来る作品が本当に良い写心と考えるからです!我々の趣旨に賛同し、日頃仕事でカメラを手にしている仲間達も手を休め、気軽にプライベートで携帯やコンパクトカメラを片手に参加してくれるケースも毎回多くなって来ています。どの作品も自分流がギッシリ詰った写心ばかりです。最後までゆっくりご観覧ください。  楽しい写真仲間募集中!我々と楽しく写心 しませんか。                         HENLY

アメリカ空軍太平洋音楽隊ーアジア Jazz & Pops Live 2010

  • 1060
    The United States Air Force Band Of the Pacific-Asia Jazz & Pops Live 2010  Pasific Trends & Final Approac 2010 ・ 2 ・ 20 Sat 

« | トップページ | 青春グラフィック »

2016年12月 6日 (火)

写真にもマナーを!

今観光地で観光客が多い中での通行の邪魔になる三脚や脚立使用等でカメラマンの非常識なモラルが問われていて神社仏閣などでは撮影を禁止している所も増えている、元来小型カメラでの三脚使用は私は反対派だ、特に年配のネーチャーフォトを好む写真家はどこでも重い三脚をぶったて邪魔臭く振舞う、私の生徒さんでも撮影会と言うと体力に見合わないような重い三脚とあらゆる道具を詰め込んだカメラバックを背負いため息をつきながら、撮影に来ているのか疲れに来ているのかわからないような方がいる、そう言う人に限り天気が悪い、花の咲き具合が今一、機材が適さない等良い写真が撮れないのは被写体や相手のせいにしてシャッターを切らない、多分どっかの月謝だけ高い写真教室でクリアーで良い写真撮影には立派な三脚が必要と入れ知恵され高価な物を買わされそれをどんなときにも必要と思いこまされているからだろう、しかしフットワークの悪さ画角を微妙に設定しずらいなどのデミリットも多い、プロの用途は別として多時間露光、花火などのバルブ撮影、絞り開放でISO感度を低くしたマニュアルフォーカスでの微妙なピント合わせなどが三脚の出番で、今の進歩したカメラの様にISO感度を稼いだシャッター優先撮影やブレ防止を有効にいかせば、わざわざ体力を消耗せずもっと撮影に集中することが出来ると思う!因みに私は若い頃は1/8老いて偶に手が震えても1/15まで手持ちでブラさない自信がある、これは正しいカメラのホールドと訓練によるものである!私決して失敗しないので!

« | トップページ | 青春グラフィック »

コメント

ありますね!全く同感です。混雑している中を、三脚、踏み台を広げて我が物顔の上から目線で撮影する、勘違いジジイやババア。迷惑この上ありません。よっぽど張り倒してやろうかな!?と思うことがあります。一番大事な「撮らせて頂く…」という謙虚な気持ちが欠落していて、俺様が撮ってやる!という自己チューな深層心理が働いているのがいけませんね。気遣いの出来ない方々は永遠にいい写真は撮れないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真にもマナーを!:

« | トップページ | 青春グラフィック »